筑後川花火大会開催中止決定について

 2021年(令和3年)8月5日(木曜日)に開催を予定しておりました「第362回筑後川花火大会」は、主催する筑後川花火大会実行委員会において協議した結果、新型コロナウイルス感染症拡大防止等の観点から開催を中止することに決定しました。

[主催]筑後川花火大会実行委員会
(筑後川花火大会振興会、西日本新聞社、鳥栖市、久留米市、久留米観光コンベンション国際交流協会)


<大会会長メッセージ>
 8月5日(木曜日)に開催を予定しておりました第362回筑後川花火大会は、新型コロナウイルス感染拡大の防止を第一に考え、中止を決定いたしました。
 2年ぶりの開催を心待ちにされていた市民の皆様をはじめ、ご協賛の皆様、関係者の皆様の思いに沿うことができず、誠に残念で心苦しい限りです。
 皆様の健康と安全確保を最優先に考えての判断であり、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 

令和3年6月2日
筑後川花火大会
大会会長 大久保 勉

【重要】行事に伴う祈願受付について

水天宮行事に伴い下記の日時は祈願を行うことができませんので
ご注意ください。

・ 6月17日() 9時45分~10時10分

・ 7月 8日() 9時45分~10時10分

・ 8月 6日() 9時20分~10時30分

・ 8月19日() 9時45分~10時10分

・ 9月 2日() 9時45分~10時10分

・ 9月 5日()10時20分~11時30分

・ 9月19日() 9時00分~10時10分

・ 9月19日()13時00分~15時10分

・10月15日() 9時45分~10時10分

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
ご理解ご協力の程、宜しくお願い致します。

【重要】水天宮春大祭について

毎年恒例の水天宮春大祭(5月3日から5月7日)ですが、新型コロナウイルスの感染予防により規模を縮小し斎行いたします。

・5月3日 献茶祭 禅寺梅林寺僧侶の奉仕は執りやめ。野点中止

・5月4日 御神幸祭 地元小学生の浦安の舞は中止。及び稚児行列は中止。

・5月5日 例大祭  地元小学生の浦安の舞は中止。

・5月5日 夕方御饌祭  例年同様

・5月6日 次日祭  例年同様

・5月7日 納祭 例年同様

以上ご理解を宜しくお願い致します。

ツバキの開花について

水天宮境内にはご祭神とご縁のあるツバキが約30種200株も植えられております。

立春をを迎え、日に日に暖かくなり、ツバキの花も少しづつ咲きはじめています。

ツバキは桜と違い、品種ごとに開花時期が異なるため長い期間楽しむことができます。

※画像は以前のものです。

【重要】七五三詣について

子どもの守護神の水天宮は、例年10月11月には多くの参拝者で賑わいます。

今般の新型コロナウイルス感染症の流行拡大により当宮も、様々な対応措置を

行うことにより、普段以上に待ち時間が長くなることが予想されます。

密を避ける為、分散してご参拝できるよう七五三詣は毎日斎行致しておりますの

で、ご都合のつきます方は参拝日のご検討をお願い申し上げます。

※千歳飴は9月15日よりご用意致します。(それ以前は代替の品をご用意致しております)