河童みくじ頒布について

水天宮では新たに、河童みくじを御守所にて頒布いたします。

愛くるしい福太郎に癒されては。

水天宮河童について

昔、水の中で悪さをするといわれていた河童は、筑後川に住む際に水天宮の

神様の力によって「除災招福」の使いになったという伝説があります。

この河童の別名を「福太郎」といいます。鬼門に置けば災いを除け、

台所に置けば火難を防ぎ、家運繁栄をもたらすといわれております。

[重要]行事に伴う祈願受付について(9/1更新)

水天宮行事に伴い下記の日時は祈願を行うことができませんので
ご注意ください。

・  9月16日(月) 9時00分から  9時30分

・10月13日() 9時00分から10時00分

・11月11日(月) 9時30分から10時30分

・12月  7日()  14時40分から15時30分

・12月23日(月)  10時30分から11時30分

・12月26日(木)  12時15分から13時00分

・  1月  5日()    9時00分から  9時30分

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
ご理解ご協力の程、宜しくお願い致します。

ツバキの開花について

水天宮境内にはご祭神とご縁のあるツバキが約30種200株も植えられております。

立春をを迎え、日に日に暖かくなり、ツバキの花も少しづつ咲きはじめています。

ツバキは桜と違い、品種ごとに開花時期が異なるため長い期間楽しむことができます。

※画像は昨年のものです。

【お知らせ】御神額のお披露目

平素より当宮へご参拝賜り厚く御礼申し上げます。

さて、当宮のシンボルとして親しまれてきました御神額ですが、

製作より200年以上経過し、雨風にふれ、劣化が進んでいましたが、

この度、水天宮総代を長きにわたり務められ、今年2月にお亡くなりに

なられました、久留米市京町の永田榮二氏のご遺志によりご浄財を賜り、

本年9月より修復作業が進められ、この度晴れて修復が完了

致しましたのでご報告申し上げます。


 

【お知らせ】眞木和泉守記念館につきまして

眞木和泉守記念館につきまして

 眞木和泉守記念館は社務所裏にございますが、平常開放しているわけではございません。

 拝観ご希望の場合は、事前に下記までお問い合わせください。

 ※行事等により、ご希望の日時に添えない場合がございます。

  予め、ご了承おきください。

 また、記念館内では、ご自由にお取りいただける資料等はございますが、書籍の物販等は行って

 おりません。併せて、ご案内申し上げます。

 水天宮社務所 0942-32-3207